2017年10月18日水曜日

駅弁 かれい川

JR九州駅弁グランプリで3年連続1位に輝いたという、駅弁「百年の旅物語 かれい川 」。すべて手作りで、添加物も一切なし。地元の野菜を使い、郷土料理も盛り込まれています。

・原木椎茸とたけのこの炊き込みご飯
・「ガネ」さつまいもの千切りと野菜の天ぷら。野菜の水分だけで作っているそうで、野菜たっぷり甘くないサーターアンダギーのよう。
・「スセ」大根とにんじんの酢の物
・椎茸とたけのこのコロッケ
・なすと南瓜の味噌田楽
・千切り大根と蒟蒻の煮物
 このお弁当をお供に、特急の観光列車に揺られ、桜島の見える沿岸から山奥へ。辿り着いたのは、霧島神宮。
天孫降臨の地として語り継がれていますが、訪れて納得。神聖な空気に包まれた、とてもすばらしい場所でした。

2017年10月15日日曜日

鹿児島の地元食

鹿児島の友人に、地元スーパーに連れて行ってもらい、関東との食の違いを色々と教えてもらいました。野菜は通常売り場のほか、地元野菜コーナーには沖縄野菜が並んでいました。写真はハンダマ(左)と四角豆(右)。

ハンダマは茹でるとヌメリが出て、関東でよく見かけるツルムラサキと似ていました。四角豆は、甘みのないあっさり味のスナップエンドウという感じ。どちらもシンプルに茹でて、マヨネーズや黒酢醤油でいただきました。
右上のパック入りの黒い物体は、炭火焼の鶏肉。鹿児島と言えば黒豚と思いきや、普段の食卓には高級食材で、薩摩鶏の方をよく食べるとのこと。炭火焼はポピュラーで、おそうざい売り場や居酒屋メニューの定番。炭で燻された感じの風味がはじめての味で、感動しました。

近くの島でとれたカニと麦味噌でお味噌汁。甘めの麦味噌を堪能したく、ポテトサラダに入れたり、鶏肉を漬けて焼いたり、ディップを作ったり…地元食材との相性もバッチリでした。

カニ味噌汁の左隣りの蕎麦も、実は地元の味。「つけそば」と言って、茹で麺とつゆがワンセットになって売られています。麺は、給食で食べたようなソフトめん。つゆは、関西風のうどんつゆに、しっかり甘さを入れた感じ。棒状のさつま揚げをのせて食べるそう。

やわやわの麺と、甘めのつゆ、旨味のさつま揚げの三拍子が合う!つゆが甘めなのは、甘いお醤油を使っているからでしょうか。醤油売り場には見たことのない甘醤油がずらり。関東の某有名メーカーは2種類くらいしか商品がなく、衝撃の光景でした。

こうして1日目は、友人宅で地元食材と遊んで、楽しい夕食となりました。

2017年10月13日金曜日

鹿児島上陸

 長らく、書き込みをお休みさせていただきました。夏休みが取れなかったので、秋休みをいただき、旅をしてきました。鹿児島に引っ越した友人夫婦を訪ね、ゆっくりした2泊3日。
特急列車から見た桜島。噴火してしまった新燃岳と温かい霧島温泉の人たち。関東とは全く違う、鹿児島食文化など。一言では言い表せない、色々なことを感じた深い旅でした。

心と体に刻み込まれた鹿児島の様々なものを、このブログでも少しずつお伝えできればと思います。

2017年10月7日土曜日

カレールーづくりクラス終了。

本日、計4日間のカレークラスが終了いたしました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。カレールーづくりというと、鍋の前で小麦粉と油を炒めたり、飴色たまねぎを作ったり…という大変なイメージがあると思います。今回はそんな概念を覆す、簡単ルーをご紹介しました。

その秘密は、米粉とりんごを使用する事にあります。市販のルーは、塩分も気になるところですが、何より糖分が多いと思います。手作りルーは、体に優しく胃にもたれにくいのですが、しっかりとコクを出すことにもこだわりました。
カレールーづくりは、年に一度、恒例クラスにする予定です。今回、参加を逃してしまった方も、ぜひ次回のお越しをお待ちしております。

2017年10月4日水曜日

TORAあん

TORAYA CAFEのアンペーストを頂きました。練りあんが、使いやすいよう瓶詰めになっているものと思いきや…小豆のこしあんに、ラズベリーを組み合わせたペースト。ラズベリーの粒粒が結構入っていて、酸味がとてもよいアクセント。いちご大福の衝撃に近い、組み合わせです。

パッケージもとっても可愛らしいもので、プレゼントしてくれた友人のセンスに感謝。きっと、この組み合わせは料理のアイデアにつながると思ったから・・・と選んだそう。

パンケーキにクリームチーズ風のディップと挟んでどら焼きみたいにして食べだり、カリッと焼いたバケットやクラッカーにのせたりして食べています。これをマーブル状にマフィンに焼きこんでも美味しそう。まだまだ、堪能させていただきます。

2017年10月1日日曜日

粉感

最近、妙にハマッてしまっている組み合わせがあります。玄米や雑穀がブレンドされたフレーク(コーンフレークでも)にココアパウダーをまぶし、それを豆乳ヨーグルトや甘酒のトッピングにするということ。

ヨーグルトの水分で、粉が湿らないうちに粉感を楽しみながら食べるのがポイント。ヨーグルトにココア!?と思うかもしれませんが、豆乳ヨーグルトは酸味が少なく、更に水切りすればチーズのようになるので相性はなかなか。ティラミスの上のココアパウダーのような存在です。

余裕のある時は、フレークだけではなく砕いたナッツや栗を混ぜることも。今日はからだに優しく、ココアパウダーの代わりにキャロブパウダーを使用。シナモンパウダーでも美味しいです。息を吸うとむせるし、息を吐くと粉が飛ぶ…そんな粉感が好き。

2017年9月28日木曜日

信州

 2日連続の休日ができ、家族で長野県松本市へお墓参りに行ってきました。お墓参りの後は、いつも決まったカフェでお茶をします。2階から眺めるこの城下町らしい街並みが好きで、いつも立ち寄ってしまうのです。
スイーツのセンスがよく、ホッとする甘さもツボ。信州産のりんごをたっぷりのせたガレットは絶品。サッとカラメルでソテーしただけなので、りんごのシャリ感が残っていて、シナモンの香りも豊か。

信州に行くといつも思うことは、調理がシンプルなのに実に何でも美味しいということ。ビジネスホテルの味噌汁やサラダバーさえも、体が生き返るような食材の力強さを感じます。

とても短い旅でしたが、心と体に十分充電できた時間でした。

ブログ アーカイブ