2017年12月9日土曜日

がんづき

岩手県や宮城県の郷土おやつ「がんづき」。地粉と砂糖(主に黒糖)を同量くらい使って生地をつくり、蒸し器で一気に蒸します。丸く大きく蒸す、どっしり甘い蒸しパン。腹持ちが良いので、農作業のおやつとして食べていたというのも、うなずけます。

隠し味に醤油を加えたり、レーズンを混ぜ込んだり、表面にごまやけしの実で覆ったり…家庭によってバリエーションや配合は様々。我が家にも、お気に入りの配合レシピがあります。

今回は砂糖は極力控え、ココナッツパウダーで代用。地粉の一部をきなこに置き換えました。卵・油は使っていないのに、ふかふかどっしりの「がんづき」ができあがり。寒い日のおやつに、蒸したては最高!

2017年12月6日水曜日

カリッカリッ!

美味しそうに揚がった、えび天とさつまいも天。あ~食べたい、でも食べられない。これ、ロウで作られた商品サンプルなんです。

今年、妹の社員旅行が東京下町で、合羽橋にて食品サンプルづくり体験をしたそう。衣は本物に近く、触るとカリッカリッ。丁寧に扱わないと、衣がホロッと崩れます。

えび天を、久しく食べていないことに気がつきました。家で天ぷらを揚げると、やっぱり野菜中心に…たまねぎ×にんじん×青じそのかき揚げが一番好きです。今の時期は青じその代わりに、青のりorかつおぶしが定番です。

2017年12月3日日曜日

かるかん

鹿児島名産「かるかん」と言えば、餡入りを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は羊羹やういろうと同じ棹菓子の1つ。写真は、鹿児島の友人がお茶菓子に出してくれた、棹状のかるかんを1切れずつ個包装にした、餡なしの元祖かるかんです。

自然薯の香り、芋と米粉のむっちりとした弾力。確かに甘いのですが、自然薯(山芋)・米粉・砂糖の3つだけの原料とは思えない、奥深い味がそこにはありました。「かるかん=餡入り、そして甘い」というイメージしかもっていなかった私は、衝撃を受けました。
あの衝撃から2か月、家族が職場でかるかん饅頭を頂いてきました。あの時と同じ「明石屋」のもので、観光客のみならず、地元民から絶大な信頼を勝ち得ている老舗のかるかん。ここのしか食べないという人もいるとか…

友人曰く、新芋で作ったものと、少し時期がずれてきた頃のものだとやはり風味が違うそう。シンプルな原料だからこそ、嘘はつけない、真っ向勝負の力強い和菓子です。

2017年11月30日木曜日

1月料理教室のご案内

植物性でつくる白菜キムチづくり
 
来年は「植物性で作る白菜キムチづくり」クラスで幕開けです。本来、白菜キムチにはアミの塩辛など動物性食材を旨味の素として入れますが、今回は植物性食材だけで優しい味のキムチづくりに挑戦!お1人ずつ仕込んで、お持ち帰りいただけます。

【内容】
・白菜キムチの仕込みと試食 ※各自、白菜300gで仕込んだキムチをお持ち帰り。
 …昆布や切干大根で旨味を出し、りんごや甘酒・ハチミツなどで甘味をつけたオリジナルキムチ。唐辛子は韓国産の辛味がまろやかなものを使用します。
・ベジタブルビビンバ
 …キムチを楽しむビビンバ。数種のナムル、豆腐の卵風そぼろで彩り鮮やか。
・コンナムルスープ(豆もやしのスープ)~キムチのヤンニョム添え~
 …体にしみる優しい味。漬け終わった後のキムチの素と海苔をお好みで混ぜながら。

※レシピは植物性のみで仕上げています。
※一部、仕込んだものの提供、デモストレーション中心のメニューもあります。

【日程詳細】
1月20日(土)11:00~14:00 旬菜工房くるみ
1月22日(月)11:00~14:00 旬菜工房くるみ
1月24日(水)11:00~14:00 旬菜工房くるみ
1月26日(金)11:00~14:00 旬菜工房くるみ

旬菜工房くるみ:見沼区七里コミュニティセンター近く。駐車場有。場所の詳細は予約時にお伝えします。
*女性の方のみ(女性のご友人・パートナー様とご一緒の場合、男性も可)
*生活館のみお子様とのご参加可。希望の際は、予約時にご相談ください。

【申し込み方法】
ホームページの申込フォーム又は、info@syunsaikoubou-kurumi.jpまで以下の内容でメールをお願いいたします。
①クラス・希望日②名前③メールアドレス④連絡先⑤初参加or2回目以上⑥会場までの交通手段(予定)

定員に達し次第、締め切りとさせて頂きますのでご了承ください。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年11月27日月曜日

クリスマス気分

毎年の事ながら、11月から年末までは色々とイベントごとが多く、お仕事は多忙を極めます。寂しいかな…クリスマス気分を味わう暇もなく、人込みで風邪をもらってもいけないので、プライベートの外出も少ない今日この頃。本当に残念です。

さいたま新都心駅前のコクーンという商業施設内に「ボンラスパイユ」という自然食品店があり、仕事の買い出しによく利用しています。その帰り道、クリスマスライトアップを見ることができました。まるで心にパーッとあかりが灯ったような、そんな温かな気持ちになりました。

コクーンは他にも、何度かブログでもご紹介している「おかしさん」や、埼玉では有名なフレンチの「アルピーノ」が経営する「お菓子やさん」などがあり、お使い物にも便利な場所。キッチングッズを扱う「212KITCHEN STORE」やカルディコーヒーファームは、仕事柄、絶対に覗きます。

今回は、以前から気になっていた「東毛酪農63℃」で一服。63℃低温殺菌にこだわった牛乳で作るスイーツのお店で、ソフトクリームやクレープがメインですが、美味しい牛乳や牛乳を使ったドリンクも豊富です。安曇野の牧場で飲んだ、フレッシュな牛乳を思い出しました。

つかの間の、クリスマス気分を味わえてリフレッシュ。年末まで、体調を崩さずがんばります!

2017年11月22日水曜日

黒たまご

箱根の大涌谷名物、黒たまごを頂きました。名物だそうですが、私は初めて見たので、とても驚きました。生卵を温泉池で茹でると、気孔の多い殻に温泉の鉄成分が付着して化学反応を起こし、黒い殻になるそう。自然の力って、すごいですね。

何も知らない私は、白身も黒くなっているのだろうと、期待して割ってみると…中身は普通のゆで卵。味も、温泉の香り(スモーキー!?)が強いのかと思ったら、本当に「普通」でございました。

でも、お湯で作ったゆで卵より、うまみ成分が20%程高い事が立証されているとの事。そしてこのビジュアル、現地で大人気なのは、わかる気がします。

2017年11月19日日曜日

薔薇パン

薔薇の酵母で作ったという、珍しいパンを頂きました。発酵加減が力強く、ふんわりモチモチ。黒ゴマと穀物ミックスが練りこまれた生地は、ほんのり甘く香りが良かったです。

食べ物に関することの中でも特に、「発酵」「酵素」などのワードに興味があり、仕事だけではなくプライベートでも趣味として、情報集めや手作りを楽しんでいます。

大きな声で「これが好きだ~!」と叫ぶと、友人知人が情報提供してくれたり珍しいものをくれたり…そして私自身も、常にアンテナを張り巡らしているので、自然とそういった物に出会えたりします。

趣味をこっそり楽しむことも秘密めいていて好きですが、公にすることで世界が広がっていく感じもまた好きです。

ブログ アーカイブ